こんな時だから!歯が取れてもやってはいけないこと!

かさま歯科クリニック

046-240-9804

〒243-0405 神奈川県海老名市国分南3-8-11-2F

[ 診療時間 ] 【火〜土】9:00〜13:00 / 14:30〜18:30 [ 休診日 ] 日・月・祝

色とりどりの歯ブラシ

こんな時だから!歯が取れてもやってはいけないこと!

院長ブログ

2020/04/04 こんな時だから!歯が取れてもやってはいけないこと!

こんな時だから!歯が取れてもやってはいけないこと!

 

神奈川県海老名市にありますかさま歯科クリニックの院長の笠間です。

コロナウイルスによる外出制限で大手百貨店を始め多くの店舗で土日の臨時休業が行われています。

歯科医院もいつそのような状況になるかはわかりません。

しかし歯のトラブルは有事でも関係なく皆さんの身に降りかかります。

今回は決して今の状況を問わず、歯が取れた時に歯医者としてあまりやって欲しくないことをお話ししたいと思います。

 

ぶっちゃけ歯が取れたらどうしたらいいの?

 

『歯医者に行く!』

 

これ以外の回答はありません。取れたら、連絡をして早期に歯科医院に行くのがベストです。(無理でしょうけれど)

 

では歯の詰め物が取れたまま放置するとどうなるのでしょうか?

 

・虫歯になるまたは進行する

 

・歯の尖っているところで頰や舌を傷つける

 

・歯が動く、付随して取れたものが戻らなくなる など

 

ここでよく問題となる”見ため”に関しては比較的患者さんはすぐに来るので除外します。

 

そもそも何で取れる?

 

・歯が割れた

 

・虫歯

 

・詰め物の変形や破損

 

・接着剤の劣化 など

 

この4つは正直にいうと全てバラバラに考えることができない問題です。
本来は全て繋がっています。

 

 

古いから取れるのか?

 

これは何とも言えません。ゆうに2、30年口の中で機能しているものもあります。
しかし歯も毎日使用するものですので経年劣化は起こることは否定できません。

 

余談ですが、『古いから取り替えましょう。』というのは少し表現が曖昧で、

 

本来は”隙間ができている”や”損傷が見られる”、その結果問題を起こす可能性が極めて高いため
予防の一環で治しましょうというのが正しい考えに基づく治療だと思います。
話を戻しましょう。

 

取れた歯はどうしたらいい?

 
・あまり取れたところに戻して欲しくない

 

歯が取れて戻るからといって本当はあまり戻して欲しくありません。

正確にいうと物を噛んで欲しくありません。

なぜか?

歯と詰め物の適合が甘い状態で物を噛んでしまうと、歯が割れてしまう可能性がより高くなるからです。

無論、詰め物が取れた状態で物を食べたりすれば同じことが起きる可能性が高くなります。

 
・アロンアルファーの使用は最悪

 

これは本当に勘弁して欲しいです。

隣の歯を含む周囲の歯にも接着剤が流れていくばかりか、取れた歯の表面もめちゃくちゃにしてしまいます。

ほぼほぼ全て削って壊すような形で歯から引き剥がすこともあります。

それに医療用のアロンアルファーでもないでしょうし、体に入れていいものでもありません。

以前、ネイルのグルーを使用した人もいましたが、同じようなもので『ダメです』とお伝えしました。

 
・濡れた状態でティッシュに包む

 

この状態で渡されることが非常に多いのですが

通常歯が取れる時はお食事中が多いと思います。

とりあえず、一度洗って、乾かしてそれからティッシュに包むか

チャック式の袋もしくはラップなどに包んでお渡しいただけると助かります。

 
・捨てない

 

結構捨ててしまう人が多くいます。

たとえ戻せない状態でも取れたものはお持ちになっていただけると助かります。

なぜ取れたかがわかったりもしますし、そもそも戻せるようであれば戻せますので

一番困る前歯が取れたらどうするか?

先ほどのアロンアルファーがよく用いられる場所です。

見た目の問題から必要に迫られて行ってしまうのもわかります。

取れたものを戻すなと言いましたが、どうしてもすぐに歯科医院に行けない時は

入れ歯安定剤などで留めておくのも手だと思います。(とるの大変なんですが)

そして戻したら先にも述べましたが、ものを噛まない!

特に前歯は取れた差し歯を戻して噛むと根っこごと破損するリスクがものすごく高いです。

 

歯医者に取れた歯を持って行ったらどうなるか?

 

・元に戻せれば戻す

 

・虫歯を取って作り変える

 

・抜歯

 

おそらくこの3択だと思います。

戻せれば戻しはするのですが正直にいうと、作り変えるのがベストです。

でも様々な事情もありますので、強くは言いませんが、取れたには取れた理由があります。

結局つけてもいずれ再度取れてしまう可能性が高いので、作り変えることが一番です。
虫歯に関しては、虫歯を残したまま蓋をするわけにはいきません。そのため虫歯を取った後は詰め物の適合性も悪くなりますので再度作り変えます。

虫歯の大きさによっては詰め物を戻すこともありますので、その判断は担当歯科医師とご相談ください。
抜歯は歯が割れていて、詰め物が取れてしまったり、保存不可能なほど大きな虫歯になっている場合に適応されます。

全く症状がなくても残せないことは多々あります。

 

最後に歯を戻した時によく言われるのですが

 

「こっちはあまり使わない方がいいですよね?』

 

「歯ブラシやフロスはしない方がいいですよね?」

 

これはナンセンスです。歯の元々の意味を失っていますので

食べたりケアで取れるようであればしっかり治してしまうべきです。
いかがでしたでしょうか?

長文でお疲れのことだと思いますが

最後に究極の答えは

 

『取れたらすぐに歯医者に行く!」

 

これしかないといえばありませんのでその点を重々ご承知に上で、歯が取れた際にはこのブログを思い出していただけましたら幸いです。

 

 

かさま歯科クリニック

電話番号 046-240-9804
住所 〒243-0405 神奈川県海老名市国分南3-8-11-2F
営業時間 【火〜土】9:00〜13:00/14:30〜18:30
定休日 日・月・祝

TOP