論文初心者、緒言と考察で歴史を書きがち

かさま歯科クリニック

046-240-9804

〒243-0405 神奈川県海老名市国分南3-8-11-2F

[ 診療時間 ] 【火〜土】9:00〜13:00 / 14:30〜18:30 [ 休診日 ] 日・月・祝

色とりどりの歯ブラシ

論文初心者、緒言と考察で歴史を書きがち

院長ブログ

2019/10/18 論文初心者、緒言と考察で歴史を書きがち

論文初心者、緒言と考察で歴史を書きがち

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2019-10-18-18-55-52
神奈川県海老名市のかさま歯科クリニック院長の笠間です。

今日は論文執筆でよくやりがち

私は歯科系の論文しか書いたことがありませんが

初心者がやりがちな失敗についてお話しします。

 


論文の基本構成

 

緒言 方法 結果 考察

あと参考論文や謝辞、アブストなど

がありますがこれは抜きにしましょう。

この4つで基本的に構成されています。
論文の書き出し、つまり緒言は論文の目的、すなわち論文の存在意義を決定づけるものとなります。

 

研究において、どこに新規性があって今回の研究を行うに至ったかという説明が必要不可欠となります。

この時に、自分の論文の立ち位置を記す必要が出てくるわけですが

ここで、つい歴史を書いてしまう。

 

ということをこのブログでお伝えしたいのです。

 


立ち位置を知るには以前の論文を基に把握する

 

 

研究を行う上で大前提として、以前すでに行われている全く同じ研究を行う必要はないわけです。

でも例えばちょっと使用する薬剤を変えたというだけでも、もし過去に報告がなければそれは新しい研究となるのです。

話を戻しますが

 

今自分がどこにいて、どのような研究をすべきかを知るには過去の論文を読むことが必要不可欠なります。

論文を読み進めると、自分が行いたい研究の起源、つまり始まりを知る必要が出てきます。

そして年代ごとにその研究の変遷を知ることとなるのです。

 

初心者はついここに夢中になりがちになります。

 


論文に目を通しただけで研究をした気分になる

 

 

情報は得られ、知識となり、まさにその研究分野ではかなりの有識者となります。(気分は)

こんなすごい論文を見つけちゃったというようなある意味躁状態にもなります。

これで終わってしまい

ついどこに新規性があるかを考えるという本来の目的を忘れてしまうのです。

 


先輩に怒られる

 

 

ようやく立ち位置がわかり、行われていないこともそれなりに把握できた。

そこで研究計画書の作成になるわけです。

ここで第一回目の、知識の羅列と感情的な文章というものが溢れがちになるわけです。

18世紀初頭、誰がしが何を発見し、その後弟子の何某が引き続きのなんとかという装置を考案・・・のような

歴史を書き始めてしまうのです。

すると先輩に一言

 

「は?」と言われ、全部書き直しとなるのです。

 


緒言や考察において歴史は簡素にして目的をはっきりとするのは当たり前

 
研究も進み、データも出た。いざ論文執筆
論文の執筆となるわけですが、初心者はとにかく文章量を書いて埋めたいという衝動になります。

空白が怖いと言いますか、つい余計なこと、特に長たらしい歴史を書き始めてしまうのです。

 

これと同様の現象が考察でも起こります。

 

考察が短いというのはやはり格好がつかないので

ここでもつい歴史を書きがちになります。

背景は言い換えれば論文の歴史的な裏付けですので、必要であることに間違いはありませんが

書きすぎは全くもって本末転倒なわけです。

論文ととしての本来の意味を失ってしまいます。

 


 

そんなこんなで論文が出来上がります。

 

こんなエラーを繰り返しながら論文が書けるようになるわけですが・・・

 

私もまだまだ、精進をしないといけないなと日々痛感しています。
今論文に苦しんでおられる方々!今の苦しみを超えた先に新たな自分がいると信じて邁進してください。

 


WEB予約はこちら

 

 

かさま歯科クリニック

電話番号 046-240-9804
住所 〒243-0405 神奈川県海老名市国分南3-8-11-2F
営業時間 【火〜土】9:00〜13:00/14:30〜18:30
定休日 日・月・祝

TOP