チタンの入れ歯は薄くても丈夫で軽い

かさま歯科クリニック

046-240-9804

〒243-0405 神奈川県海老名市国分南3-8-11-2F

[ 診療時間 ] 【火〜土】9:00〜13:00 / 14:30〜18:30 [ 休診日 ] 日・月・祝

色とりどりの歯ブラシ

チタンの入れ歯は薄くても丈夫で軽い

院長ブログ

2019/10/08 チタンの入れ歯は薄くても丈夫で軽い

チタンの入れ歯は薄くても丈夫で軽い

 
神奈川県海老名市のかさま歯科クリニックの笠間です。

入れ歯には保険の入れ歯と自由診療の入れ歯があります。

自由診療の入れ歯の種類には金属製の入れ歯があります。

特徴として、丈夫で薄くできると言う利点があるのです。

今回は金属の入れ歯でもチタン製の入れ歯のお話をしていきたいと思います。

 


保険の入れ歯では必然的に分厚くなる

 
まず材料のお話をしていきましょう。

入れ歯はプラスチックといわゆる部分入れ歯では金属の金具とで構成されています。

歯茎に乗せる部分に関して基本的にはプラスチックでできています。

みなさんももちろんおわかりのようにプラスチックは柔らかくてしなる素材です。

故に入れ歯を製作するときも、噛む力に耐えないといけませんので必然的に厚くなります。

するとどうしても違和感というものは避けられなくなります。

 


 

美味しさも違う

 

 

プラスチックの熱の伝導製は高いとは言えません。

味を感じるというよりも美味しさに関して

熱い冷たいという温度もものを食べて味を感じる上でで重要な要因となります。

プラスチックでは厚さと熱を遮蔽することによってやはり美味しさが下がると言えるでしょう。

一方で金属は熱伝導性はいうまでもなく、薄さも確保できることから

食事においてもだいぶ妨げることが少ないと思われます。

 


話しやすい

 

 

先ほどからお話していますように金属では薄さが確保できますので
舌の動きも妨げることが少なくなります。

 


チタンは軽い

 

 

とにかくチタンの入れ歯は軽くできます。
例えば腕時計でもそうですが、チタンは軽さが特徴の一つです。
下手をするとプラスチック製の入れ歯よりも軽くなることさえあります。
せっかく入れるのであれば軽いものがいいですよね。

 


体に優しい

 

 

チタンといえば、同じ歯科治療の中でもインプラントに使用されている素材です。
インプラントは体の中に埋め込みます。
それでも身体に害が出ないくらいの素材です。
お口の中には食べ物を始め様々なものが入り込みます。
そんな過酷な状況でも安定する、非常に強い材料なのです。

インプラント2本分くらいの価格で全ての歯を治すことができる

インプラントに比べて費用はかなり抑えられます。
インプラントは怖いけれど、義歯にならという方にはオススメです。

 

fullsizerender-2

笠間慎太郎・他著『加圧成型用セラミックスを応用した可撤性義歯の製作とその実際』より
かさま歯科クリニックでは入れ歯治療にも力を入れています。
お困りの方がいらしたらお問い合わせください。

 

 

WEB予約はこちら

 

 

かさま歯科クリニック

電話番号 046-240-9804
住所 〒243-0405 神奈川県海老名市国分南3-8-11-2F
営業時間 【火〜土】9:00〜13:00/14:30〜18:30
定休日 日・月・祝

TOP