歯を絶対に抜きたくないという方へー海老名のかさま歯科

かさま歯科クリニック

046-240-9804

〒243-0405 神奈川県海老名市国分南3-8-11-2F

[ 診療時間 ] 【火〜土】9:00〜13:00 / 14:30〜18:30 [ 休診日 ] 日・月・祝

色とりどりの歯ブラシ

歯を絶対に抜きたくないという方へー海老名のかさま歯科

院長ブログ

2019/03/06 歯を絶対に抜きたくないという方へー海老名のかさま歯科

歯を絶対に抜きたくないという方へー海老名のかさま歯科ー

 

bridge007

 

神奈川県海老名市にありますかさま歯科クリニックの笠間です。

 

今回は歯を絶対に抜きたくない

 

とお思いの方は多くいらっしゃいます。

 

でも必ずしも抜歯を回避することはできないことも多々あります。

 

「歯を削らない。」

 

「歯を残す。」

 

「歯を抜かない。」

 

様々な謳い文句で今日の歯科のホームページは飾られています。

 

しかし、ここに

 

「なるべくや極力」

 

という言葉がきちんと横に書いてあることを忘れて欲しくないのです。

 

というわけで

 

歯を残すことのメリットではなく今回は残すことへのデメリットをお話ししましょう。

 


 

 

目次

 

■ ドクターショッピングして2件以上で抜歯と言われたら抜歯の可能性が高い

 

■ どこへ行っても抜歯と言われてしまった患者さんはどこへ?

 

■  抜歯と言われた歯を放置すると治療が余計にややこしくなる

 

■ 歯を抜かない矯正のリスク

 

■ 我々が歯を残しましょうと言いすぎた弊害もある

 

■ 腐ったみかんではないですが、抜歯をする目的は他の歯に迷惑をかけるからです。

 

 


 

■ ドクターショッピングして2件以上で抜歯と言われたら抜歯の可能性が高い

 

 

このような方は多くいらっしゃいます。

 

「前のクリニックで抜歯と言われたのですが・・・」

 

とお口を診てみると、とても残せる状態ではありません。

 

そして

 

「前の先生と私も同じ意見です。保存は不可能です。」

 

とお話しすると

 

「ではいいです。」

 

というようなやりとりがあります。

 

ここでもお話しする通り、セカンドピニオンで抜歯と言われたらまず厳しいと思ってください。

 

セカンドオピニオンは、最初の先生の意見も踏まえた上で患者さんに説明をすることが一般的です。

 

患者さんは抜歯が嫌であるということは重々承知しているわけです。

 

それでも抜歯ということは、回避することはできないというようにお考えになると良いかと思います。

 

 


 

 

■ どこへ行っても抜歯と言われてしまった患者さんはどこへ?

 

 

私共はわかりません。

 

おそらくは歯科医師に悲観し、そのままにしてしまっているのではないでしょうか?

 

意地になれば残すこともできますが、無理に残すと恐ろしいことになります。

 

 


 

 

■  抜歯と言われた歯を放置すると治療が余計にややこしくなる

 

 

● まず大きく腫れることがあります。

 

抜歯になる基準として、多くの場合は炎症が原因です。

 

歯が割れてしまってそこからばい菌が入って腫れる

 

歯の根の先が大きく炎症を起していてやはり腫れる

 

全てはばい菌の感染による炎症と行っても過言ではありません。

 

そして多くの場合、強烈な痛みを伴うのです。

 

 

● 炎症が広がり歯の周りの骨がなくなる

 

炎症は歯の周りの骨まで蝕みます。

 

放置をせずに早々に抜いていれば炎症が広がることはありません。

 

骨がなくなれば、インプラントもブリッジも、基本的にどのような状態でもできるとされている入れ歯の治療も困難なものとなります。

 

 

それだけであれば良いのですが、隣の歯を支えている骨までなくなることがあるのです。

 

つまり隣のなんでもなかった歯まで抜けてしまうということもあるのです。

 

 


 

■ 親知らずの抜かないで置いておくリスク

 

 

● 骨と癒合してしまう

 

骨に埋まっている親知らずはお年を重ねると、骨とくっついてしまうことがあります。

 

ある程度の年齢になってから炎症を起し、抜歯をしないといけない状態になると

 

本当に抜歯するのが大変になります。

 

骨と歯の境目はわからなくなりますので、歯と思われる場所を機械で削り落としていかないといけません。

 

削り落とすには機械を患部にいれなくてはいけないわけですから、それ相応に歯茎を切って開かなくてはいけません。

 

 

● 腫れたり虫歯になる

 

そもそも親知らずは磨きにくい場所にあります。

 

それゆえに歯周病や虫歯になるリスクは非常に高くなります。

 

様子を診ましょうも、あまり過信してはいけません。

 

あっという間に時間は経過するものです。

 

こまめな歯科医師による検査をお受けになることをおすすめします。

 

 

● 移植に使うから・・・

 

移植ははっきり言って簡単ではありません。

 

成功率は決して高いとはいうことができません。

 

将来のために取っておくという発想もいいのですが、多くの場合は使えない。

 

という現実もご理解ください。

 

移植を多くの歯科医院で行われていないのには、技術の問題よりも現実的な成功率という問題を多く持っているからなのです。

 

余談ですが移植を行なった場合、移植された場所に何か起こった場合、その場所にインプラントはできなくなることが多いですので十分に注意をする必要があります。

 


 

 

■ 歯を抜かない矯正のリスク

 

 

特にお子さんの矯正で抜歯を躊躇するケースが多いです。

 

確かにわかります。

 

しかし、抜歯をしない矯正のリスクは多々あります。

 

 

● 仕上がりが猿のようになる

 

本来抜歯をしないと歯が並ばない状態の歯並びを無理に並べるには

 

歯を外側に位置付けるしかありません。

 

矯正で仕上がる歯の並び方は外にモッサリと広がった感じになるのです。

 

それが上下でとなると、言い方は悪いですが猿のような状態となってしまうのです。

 

歯が並べばそれで良いというのであればそれ以上言いませんが

 

お顔はやや野暮ったくなってしまうことは避けられないのです。

 

お顔も気にされるのであれば、抜歯をする矯正もご考慮ください。

 

 

● 骨がなくなる

 

この矯正のリスクとして無理に外側に歯を動かすので、

 

顎の骨の外側の骨がなくなってしまう

 

という合併症もよく診ます。

 

骨が下がれば歯茎も下がります。

 

すなわち矯正によってまるで歯周病を起したかのようになってしまうことがあるのです。

 

もしこの状態で歯周病が生じれば、歯は全て無くなると言っても過言ではないのです。

 

 

つまり抜歯をしないと矯正には非常に大きなリスクがあるということなのです。

 

矯正科医の多くが抜歯と診断したら、抜歯をしておいたほうが無難です。

 

 


 

 

■ 我々が歯を残しましょうと言いすぎた弊害もある

 

 

我々は8020などの強烈なスローガンを掲げました。

 

それゆえに抜歯=悪となってしまっている構図があります。

 

ホームページにも歯を残しますと書いています。

 

でも歯は抜かないといけない時はあります。

 

多くの歯科医師が抜きましょうと言ったものは信じたほうがいいです。

 

何でもかんでも歯を残していいということではないこともご承知ください。

 

 


 

■ 腐ったみかんではないですが、抜歯をする目的は他の歯に迷惑をかけるからです。

 

 

問題の歯を残しておくことで様々なリスクをお話ししてきました。

 

しかし、やはり他の問題のない歯に影響が出てしまうというのが1番の抜歯の目的かもしれません。

 

一本を見殺しにしてと言えるかもしれませんが

 

上記の内容をまとめると、お口全体を守るために犠牲も時には必要となると言いたいのです。

 

 

 

いかがでしたか?

 

もちろん歯は残さなくてはいけません。

 

でも一本を残したがために後々大きな後悔をすることもあることをご理解いただきたいと思います。

 

 

かさま歯科クリニック

電話番号 046-240-9804
住所 〒243-0405 神奈川県海老名市国分南3-8-11-2F
営業時間 【火〜土】9:00〜13:00/14:30〜18:30
定休日 日・月・祝

TOP