走る歯の3D動画を作るにはー海老名のかさま歯科クリニックー

かさま歯科クリニック

046-240-9804

〒243-0405 神奈川県海老名市国分南3-8-11-2F

[ 診療時間 ] 【火〜土】9:00〜13:00 / 14:30〜18:30 [ 休診日 ] 日・月・祝

色とりどりの歯ブラシ

走る歯の3D動画を作るにはー海老名のかさま歯科クリニックー

院長ブログ

2018/12/06 走る歯の3D動画を作るにはー海老名のかさま歯科クリニックー

走る歯の3D動画を作るにはー海老名のかさま歯科クリニックー

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-12-06-14-40-56

 

 

海老名のかさま歯科クリニックの笠間です。

 

今回は走る歯の3D動画を作る方法についてお話していきたいと思います。

 

3DCGのアニメーションを作るには

 

3DCGモデルを制作してボーンを配置して、リギングと言われる作業して、レンダリング、コンポジションの後、アニメーションを制作します。

 

 

わけがわかりませんね

 

でも3Dに興味があるという方のために

 

今回は一番簡単な3Dモデルを動かす方法をお話したいと思います。

 

ブログの通りに作業を進めていただけますとこのような動画を作ることができます。

 

 

 

Mixamoを使ってみよう

 

Mixamoとは

 

Adobe社から提供されているオンラインの3Dモデルのアニメーションソフトです。

 

しかもフリーでかなり高精度なものとなっています。

 

3Dモデルを運動させるときには、様々な作業が必要となるのですが

 

それらの多くの作業を割愛して、ある程度の動きを3DCGのモデルに与えることができます。

 

個人的に3Dモデルをお持ちであれば、あまり大きいデータ量でなければ読み込めます。

 

もし持っていなくても、ソフト内でキャラクターを作ることができます。

 

キャラクターを作る作業はまるで、モンスターハンターの最初のキャラクター決めの操作と酷似しています。

 


 

 

まずは登録から

 

Adobe社に登録はしないとソフトの使用はできないようです。

 

私の場合は、Adobe者の他のソフトウェアも持っていますので、自動的にログインできました。

 

Mixamo(サイトに飛びます)

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-12-06-12-29-46

 

 

 

Adobeのアカウント登録をする

 

個人情報を登録していきます。

 

右上のボタンを押せば自動的に翻訳されますので、英語が得意ではない方は設定してみてください。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-12-06-12-45-58

 

 

 

ログインが終了するとこのようなトップ画面になります。

 

 

(右に骸骨がいますが、これは私の画面なので、通常はいません。)

 

この画面の右側、オレンジのボタンの下の  UPLOAD CHARACTERボタンをクリックします。

 

1-2

 

 

好きなキャラクターのデータをドラッグ&ドロップする

 

 

データ形式はFBX、OBJとフォーマットが決まっています。

 

もしSTL形式とかであれば、あらかじめBlenderなどでデータ形式を変換しておく必要があります。

 

残念ながら、手足がないモデルに関してはうまく動きをつけることができませんのでご注意ください。

 

基本的には人間の形をしていないモデルは対応していません。

 

今回は私が自作した3Dの歯のモデルを使用することとしました。

 

 

2-1

3

 

 

取り込んだモデルの向きを修正する

 

 

基準となる座標を変換する作業になります。

 

簡単に言えば、地面の上に3Dモデルを位置付ける作業となります。

 

左下の矢印ボタンで歯の3Dモデルの向きを修正します。

 

4

5

 

 

顎先、手首などの定義づけ

 

3Dの歯のモデルを動かすには、足は足、腕は腕というようにコンピューターに認識させなくてはいけません。

 

ポイントをそれぞれに体の位置に合わせて、配置していきます。

 

この時に腕のないモデルですと、エラーが起こることがわかりました。

 

ですので、一応、四肢のついた3Dモデルである必要があります。

 

つまり本当の歯の形をしたモデルは動かないということです。

 

6

今回使用した歯の3Dモデルは左右非対称なので

 

左下のUse Symmetryのチェックは外しました。

 

通常の人型のモデルの場合はチェックはつけたままで問題ありません。

 

 

7

 

 

自動でリギングを行います。

 

リギングというのは

 

3DCGモデルに対して、アニメーションをつけるための設定を施す工程のこと。セットアップともよぶ。モデルとスケルトンを関連づけるスキニングや、IK/FKの設定、ウエイト調整、デフォーメーション設定などが含まれる。アニメーターが直接操作するコントローラーを制作することもある。

 

https://entry.cgworld.jp/terms/%E3%83%AA%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%82%B0.html より

 

さっぱり意味不明ですね。

 

リギングとはは3Dモデルを動かすために必要な処理のことです。

 

ここの関節が動く時にここの皮膚は引っ張られてとかの設定のことです。

 

この作業には専門の人もいるくらい複雑な作業となります。

 

細かく設定した方がより自然な動きなどを再現することができます。

 

同時に奥が深い作業なので、非常に難しいものでもあります。

 

ですがこのソフトはそこそこの素人では十分満足できるリギングの作業を自動で行ってくれるというものなのです。

 

8

 

 

リギングが終了するともう勝手に動き始める!

 

処理が終了すると取り込んだ歯の3Dモデルが右の画面で動き始めます。

 

9

 

 

 

NEXTを押して自分の動かしたい動きを歯の3Dモデルにさせてみましょう。

 

10

11

 

 

モデルを変えれば色々できる!

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

Mixamoは極めて直感的にそして、流れに沿って作業を進めていけば簡単に、3Dモデルを動かすことができます。

 

もちろん細かい動きには対応はしていませんが、ざっくりと動かしたいという人にはとても便利なソフトだと言えるでしょう。

 

 

 

もしこの歯のデータにご興味がある方は

 

 

かさま歯科クリニックのお問い合わせフォーム

 

お問い合わせいただけましたら、歯の3Dモデルのデータは無料で差し上げますので

 

ぜひ遊んでみてください。

 

 

ちなみに動画の取り込みは、画面のキャプチャで行っています。

 

OSはWindows10なのでWindowsボタン+Gボタンでキャプチャーをしているだけです。

 

画像処理に関しては、専用の画像処理ソフトを使用しています。

 

 

私の本業は歯科医師ですので

 

もしそちらが気になる方は

 

かさま歯科クリニックのホームページ

 

をご覧ください。

 

 

 

かさま歯科クリニック

電話番号 046-240-9804
住所 〒243-0405 神奈川県海老名市国分南3-8-11-2F
営業時間 【火〜土】9:00〜13:00/14:30〜18:30
定休日 日・月・祝

TOP