泣いてしまうお子さんの治療も海老名のかさま歯科クリニック

かさま歯科クリニック

046-240-9804

〒243-0405 神奈川県海老名市国分南3-8-11-2F

[ 診療時間 ] 【火〜土】9:00〜13:00 / 14:30〜18:30 [ 休診日 ] 日・月・祝

色とりどりの歯ブラシ

泣いてしまうお子さんの治療も海老名のかさま歯科クリニック

院長ブログ,お母さまとお子さまの治療ブログ

2018/11/22 泣いてしまうお子さんの治療も海老名のかさま歯科クリニック

泣いてしまうお子さんの治療も海老名のかさま歯科クリニック

 

babyfthg7907_tp_v4

 

 

海老名市にありますかさま歯科クリニックの院長の笠間です。
お子さんの歯科治療でこんな悩みはありませんか?
「お子さんが泣いてしまって歯科治療ができない」

 

「歯科医師が怒る」

 

「どんな歯科治療をしているのか見たいのに見せてもらえない」

 

「兄弟全員で同時に歯医者の治療をしてほしい」

 

「歯医者嫌いをなんとか克服させたい」

 

 

かさま歯科クリニックではこれらの諸問題を解決できるかもしれませんし、お答えする用意はあります。

 

お子さんに対する様々な歯科治療のお悩みをお伺いします。
当院では今まで治療が困難であったお子さんも治療できるようになることも少なくありません。

 

これまで治療させていただいた様々なお子さん別に少しお話ししていきたいと思います。

 


 

 

目次

 

 

そもそも歯科治療の何が子供は嫌なのか?

 

保育園の同級生と一緒に歯科治療を受けたら大丈夫になった。

 

お父さんも治療で通うようになったら大丈夫になった。

 

年齢が歯科治療嫌いを解決してくれる?

 

親が子供の歯の状態に関心がないのはどうしたら良いのだろう?

 

 


 

 

そもそも歯科治療の何が子供は嫌なのか?

 

 

 

言うまでもなく大人と基本は同じです。

 

歯科治療で怖い思いをした。

 

歯科治療は怖いものだと親から聞いている。

 

診療室に入るときに親の方が緊張している。

 

歯医者に行ったら既に泣いている子供がいる。

 

歯医者の先生が診療中に怒る

 

歯医者の先生が両親を怒っている。

 

 

様々な歯医者嫌いを作るものを列挙してみましたがざっくり言えば、以下の2点だと思います。

 

1)直接歯科診療中に嫌な思いをした

 

2)間接的に話から歯医者が怖いものだと刷り込まれた

 

 

1)直接歯科診療中に嫌な思いをした

 

これは我々歯科医業の従事者の責任は重大です。

 

 

押さえつけての歯科治療

 

この中でも、狭い空間に大人が何人も囲って、押さえつけて診療
これが非常に歯科治療のトラウマを植え付けるのは間違いありません。
(ここでは知的障害のある方の歯科診療に関しての話は行いません。
体を動かすと危険性を伴う場合には、ダメとは言えませんので・・・)

よくよく話を聞くと、「仮面ライダーの改造手術」のような話を聞きます。
我々は一般開業歯科医師ですので、あまりこのような治療は推奨していません。

 

「歯医者が怒る」と言うのもよく聞きます。

 

かつては歯科診療中に厳しいところがあったのも事実です。
しかし子供が生まれてからと言うものの、厳しさはほとんど出さなくなりました。
また親御さんの気持ちも痛いほどわかるようになりましたので
今では理解のある歯科治療を実践できるようになったのも事実です。
2)間接的に話から歯医者が怖いものだと刷り込まれた

 

お子さんにこんなことを伝えていませんか?

 

「歯医者さん怖いよ」

 

「言うこと聞かないと歯医者さんに痛くされちゃうよ。」

 

「歯医者さん痛くても我慢しなきゃダメよ。」

 

あえて怖い恐ろしい所に行きたい人がいるわけではありません。

 

「虫歯になったのは、磨かないあなたが悪いんだからね。」

 

一緒に歯を治していこうと言いませんか?

とりあえず、我々歯科医師は嫌われているでしょう。
でも、グッと抑えて、お子さんに歯医者の悪い印象を植え付けないようにしたいものです。

 


 

 

保育園の同級生と一緒に歯科治療を受けたら大丈夫になった。

 

 

 

子供とはいえ、社会性や世間体というものはあります。
よその子が近くにいることで、歯科治療を頑張ると言うことは非常に多いです。

ご兄弟でと言う例も少なくありませんが、小学校や保育園に幼稚園の同級生の方が著しく歯科治療ができるようになることが多い気がします。

なかなかうまくは行きませんが、お友達同士で歯医者に行ってからそのあとどこか遊びに行くと言うのも良いのではないでしょうか。笑

 


 

 

お父さんも治療で通うようになったら大丈夫になった。

 

 

これはまだ社会性のない年齢や保育園ではなくご家庭で面倒を見ておられる子が適応となります。
ここには親御さんが我々歯科医師サイドとコミュニケーションをとっているのを見ると
お子さんの我々に接する態度も激変します。

 


 

 

年齢が歯医者嫌いを解決してくれる?

 

歯科治療においてお子さんの成長は大いに関係します。
言って理解できると言うのもあります。
ここで言う理解とは、歯科治療を行うことが自分にとって利益があると言う損得勘定に対する認識を示します。

とは言え、好きになるかは別物ですが・・・

 


 

親が子供の歯の状態に関心がないのはどうしたら良いのだろう?

 

 

 

残念ながら学校で歯科診療の通知書が来てもご来院されない人はいらっしゃいます。

 

そもそも歯科医師は歯科医院に来院されない方々にお会いする機会はありませんので
どれほどの割合で起こっているのかはわかりません・・・
でも悲しい限りです。

 

もし、歯科診療で費用がかかると言うことを気にしているのであれば医療証の有無を直ちに確認してください。
医療証があればご負担はありません。

 

忙しくて歯科医院にいらっしゃることができないとしても、滞在時間は一時間にも満たないわけですからぜひなんとかいらっしゃっていただけますと助かります。

 

 

仕上げ磨きはしてあげてくださると

 

強くはいえません。でも仕上げ磨きはお子さんにしてあげてください。

「お忙しいと断られてこともあります。」
「子供が嫌がるから。」

と言われたこともあります。

 

でもね、歯医者の本音ですが、

 

『その後痛くなって我々歯医者を一方的に嫌いになってしまうのは、寂しいものがあります。』
将来のあるお子さん、お子さんの幸せを築く一端を我々親は担っていると思いますよ。

 

また、親御さんのご協力なしに歯科治療の成功もないのですから。
虫歯になったことを責めるつもりはありません。

 

これからをどうやってお子さんの歯を守るかを一緒に考えていきませんか?

 

 

かさま歯科クリニック

電話番号 046-240-9804
住所 〒243-0405 神奈川県海老名市国分南3-8-11-2F
営業時間 【火〜土】9:00〜13:00/14:30〜18:30
定休日 日・月・祝

TOP