咬合器のレビュー(Medentic、Androidについて)

かさま歯科クリニック

046-240-9804

〒243-0405 神奈川県海老名市国分南3-8-11-2F

[ 診療時間 ] 【火〜土】9:00〜13:00 / 14:30〜18:30 [ 休診日 ] 日・月・祝

色とりどりの歯ブラシ

咬合器のレビュー(Medentic、Androidについて)

院長ブログ

2018/11/15 咬合器のレビュー(Medentic、Androidについて)

咬合器のレビュー(Medentic、Androidについて)

 

 

海老名市にありますかさま歯科クリニック院長の笠間です。

 

今回は勝手に咬合器のレビューをしたいと思います。

 

 

私は、ライフワークとして18世紀からの咬合器を3DCGDで再現する試みを続けて参りました。

 

かさま歯科クリニックのyoutube

 

 

咬合器と言っても機械式のガリオ咬合器に端を発するものに限って再現をしています。

 

咬合器は本当に奥が深いですし何よりも歯科における咬合学や補綴学の変遷が手に取るようにわかります。

 

少しずつ連載形式で私のライフワークをみなさまにお届けできればと考えています。

 

 

 

私がCGで再現した咬合器

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-15-14-19-01

 

今回はMedentic、Androidについてお話しをしようかと思います。

 

この咬合器の否定ではないのですが、この咬合器には少し思うところがあります。

 

今回のブログを読みいただき咬合器を選ぶポイントなどのご参考になればと思います。
では始めてまいりましょう。

 

 


 

Medentic Android咬合器のコンセプト

 

 

コンセプトは、多くの咬合器で採用されている相補下顎運動ではなく下弓に運動機能を持たせ通常の顎運動を再現することを目的としているようです。

 

 

少し私見を述べさせていただくならば

 

 

確かにカッコいいです。このAndroid咬合器の無骨さは男の子、特にメカ好きにはたまりません。

アクチュエーターなんてついていてズッキュンです。

でも、残念ながら咬合器としての条件は具備していないというのが結論です!

 

 

 

下顎運動型の咬合器

 

さて通常の顎運動を再現する咬合器といえば、古くはマネキンタイプの咬合器に始まると考えます。
一方でパテントという点で考察をするのであれば、Daniel T Evanceが1840年にアメリカで特許を取得している咬合器が始まりと考えられるのではないでしょうか。

 

(リンクあり)

 

Daniel T Evance Articulator

 

 

Articulators through the Years Revisited: From 1700 to 1900—Part I
その後もいくつかの咬合器が発表されましたが近年ではイボクラー社のGnathomat咬合器やPolycentric Hindge joint Articulatorなどが挙げられると思います。

 

(リンクあり)

 

Gnathomat

 

 

Polycentric Hindge joint Articulator

 

 

しかし、下弓を運動させる機構を咬合器に付与すると基底面を挙上し、宙に下弓を浮かせる必要性がありますので、必然的に咬合器が巨大化するというデメリットを持っています。

 

また咬合器にとって最も重要なラッチ、すなわち上下弓の剛性を咬合器に持たせると使用する金属量は多くなり、結果的に重量が増すこととなります。ひいては運動をさせ辛くなるという悪循環を生みます。

 

これらの諸問題を考慮しても、下弓運動型の咬合器に未来はないと考えられます。

 

一方で相補下顎運動と比較して生体と同じ機構を持つことから直感的にわかりやすいという点は否めません。

 

 


 

Medentic Androidの動画のドイツ語翻訳と中略

 

 

ではどのような咬合器でどのように調整をしていくのでしょうか?

ドイツ語なので、よくわからない点もありましたが、少し記載が変な感じも受けました。

この文章自体、歯科医師が記載したものなのかいささか不安を感じます・・・

 

Medenticのホームページ

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-15-11-27-38

 

http://www.medentic.de/

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-15-11-29-57

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-15-11-32-24

 

4次元の咬合採得 

 

笠間 なるほど・・・

 

解剖学への適応

 

Medenticによって開発されたAndroidは、人間の顎関節の機能に構造的に対応しています。取外し可能な下顎のストラップは顔弓として機能し、顎関係のすべての解剖学的患者データをに基づいて調整することができます。

 

笠間 フェイスボウと下弓が一体型ということです。

 

個別設定

 

患者個々のベネット角、顆頭角そして顆頭間軸を調整することができます。
このデータを使用して、顎の動きをシミュレートすることができるのです。

 

笠間 お、普通の調節性咬合器だ・・・! ん?4Dどこ行った?

 

待ちましょう。youtubeの動画にはきっと何か隠されているはずです!

 

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-15-11-41-26

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-15-12-09-33

 

パノラマX線写真やセファログラムの分析結果をもとに顔貌情報を移行します。

 

笠間 ん?画像の拡大率や投影方向を考慮しての話なのでしょうか?

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-15-12-12-31

 

笠間 下顎角の計測のようです。確か左右側に調節機構があったような・・・

 分析は片側のみのようです・・・

顎運動に関係があるのでしょうか?

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-15-12-15-58

 

笠間 下顎枝長のようです・・・画像の歪みを考慮しての話なのでしょうか・・・

計測点もやや曖昧さが伺えます。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-15-12-18-29

 

リムーバブルバーはフェイスボウの役割を果たします

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-15-12-20-40

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-15-12-21-32

 

下顎の側方運動

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-15-12-22-52

 

フェイスボウを患者に装着する

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-15-12-24-14

 

咬合採得

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-15-12-25-14

 

笠間 バイトフォークを入れるときに、フェイスボウは揺れています。

さらにいうとこの後に左のイヤーピースが少し浮きます。

正直に言えば、このファイスボウは重すぎます。

申し訳ありませんが不安しかありません。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-15-12-28-27

 

顆頭の非対称性をシミュレートするために下顎枝の長さを調整する

 

笠間 なぜ、フェイスボウトランスファー後に合わせるのかが不明

通常、顔面の基準点の採得時におおよそ長さが合っているかを確認するはず。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-15-13-40-38

 

顎頭の非対称性をシミュレートするために顎頭の角度の非対称性を調整する

顆路の調整

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-15-13-41-50

 

笠間 グリグリしているわけであるが・・・

ここが大問題の箇所となる。調節性咬合器を謳いながらチェックバイトさえない

一体どのように顆路を調整しているのか全くもって不明

さらに上下の模型もつけずに顆路調整などパントグラフのような描記板や針もないことから

どのように計測しているかも不明

それに顆路と言いつつ、矢状顆路は無視、側方顆路なのだろうか・・・極めて珍しい

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-15-13-50-25

 

咬合

 

前突

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-15-13-52-17

 

正中線のシフト 

 

笠間 よくわかりません

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-15-13-54-13

 

上顎は折れます

 

笠間 なんかドイツ語だとすごい事書いてあるように見えますが・・・

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-15-13-55-38

 

正中線修正

 

笠間 直らないと困ります

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-11-15-13-57-16

 

開口を閉じる(そんな感じでしょうか)

 

笠間 翻訳が悪いのか、画像上ではそんな感じです。

 

 


 

つまり用途がよくわからないのです

 

 

咬合器でフェイスボウと一体型の下弓動かすというところまでは良いのです。

 

それなりに新規性も認められるのですが、開閉口に問題があるわけです。

 

上顎のスロットやボックスにもなっていない部分が蝶版運動するのです。

 

側方運動に関しても極めて操作性も悪く、適当です。

 

垂直に挙上できるわけでもなく、ネジのついたただの大きな平線咬合器と化しています。

 

説明もドイツ語なのですごいことが書いてあるのではとワクワクしましたが

 

なんとなくのニュアンスで感じていた不安が、翻訳によって明らかになってしまいました。

 

カッコいいです。でも内容が・・・

 

もしこの咬合器をよくするのであれば、上弓にスロットをつけてグリグリのネジをやめて調節性にすることだと思います。

 

ただのコンダイル型になってしまいますけどね。笑

 

少し否定ばかりになってしまいましたので・・・最後に補足しておきます。

 

 

 

ご意見等は

 

かさま歯科のお問い合わせフォームからお願いします。

 

 

かさま歯科クリニック

電話番号 046-240-9804
住所 〒243-0405 神奈川県海老名市国分南3-8-11-2F
営業時間 【火〜土】9:00〜13:00/14:30〜18:30
定休日 日・月・祝

TOP