咬合器の変遷やその流暢を少し

かさま歯科クリニック

046-240-9804

〒243-0405 神奈川県海老名市国分南3-8-11-2F

[ 診療時間 ] 【火〜土】9:00〜13:00 / 14:30〜18:30 [ 休診日 ] 日・月・祝

色とりどりの歯ブラシ

咬合器の変遷やその流暢を少し

院長ブログ

2018/06/02 咬合器の変遷やその流暢を少し

咬合器の変遷やその流暢を少しお話させてください。

 

咬合器はナソロジストや補綴学者のコンセプトを具現化したものです。

 

様々な咬合理論に基づいて、製作されるものであって、いわばエゴに近い咬合器もあります。

 

咬合器は年代別にみていくと、様々な咬合学における学派や補綴学の変遷が見て取れるので極めて面白いものであると私は思っています。

 

 

故に車と非常に近しいものを感じています。


早く移動したいと考え、荷車を自動化したものから始まり、
材料的に言えば、金属からプラスチック、近年ではカーボンファーバーに3Dプリンターとなっていくわけです。
エンジンもガソリン式からハイブリッドに電気そして水素と移り変わっています。

 

咬合器は燃料自体は使用しませんが、使用される素材も変わり、

 

そしてついには形を失い、3D画面上で表示される画像という概念となりつつあります。

 

とはいっても、まだまだ補綴装置は技工士さんや歯科医師が実物を調整する必要があり、調整には人間の顎を模して、便宜的に上下の模型を位置付けるものが必要になるわけであって、実体としての咬合器がなくなることはしばらくはなさそうです。

もはや歴史的な価値となりつつある咬合器、今一度歯科医師も先人たちの叡智に触れる機会を持っても良いのではないでしょうか?

 

 

最後にモンソン咬合器を紹介します。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-06-01-8-56-03

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-06-01-8-56-27

モンソン球面と言えば、歯科医師が誰もが知る4インチの球面ですが

このエゴイズムの塊というこの斬新的なフォルムに萌えませんか?笑

 

 

かさま歯科クリニック

電話番号 046-240-9804
住所 〒243-0405 神奈川県海老名市国分南3-8-11-2F
営業時間 【火〜土】9:00〜13:00/14:30〜18:30
定休日 日・月・祝

TOP