審美歯科と歯科材料

かさま歯科クリニック

046-240-9804

〒243-0405 神奈川県海老名市国分南3-8-11-2F

[ 診療時間 ] 【火〜土】9:00〜13:00 / 14:30〜18:30 [ 休診日 ] 日・月・祝

色とりどりの歯ブラシ

審美歯科と歯科材料

院長ブログ,審美治療ブログ

2018/02/04 審美歯科と歯科材料

審美歯科を語る上で材料の選択はとても重要になります。

 

今回は特にセラミックスに関して具体的にお話ししていきたいと思います。

 

セラミックス

 

今、これに変わる審美材料はありません。
以前のブログでもお話ししましたが、

 

見た目、硬さ、お口の中での安定性が抜群にいいです。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-02-01-21-35-52

 

プラスチック製の白い歯もありますが、最近この白い歯が割れていらした方が続いたので、やはり材料の選択は重要だなと思います。

 

プラスチックを奥歯に入れると・・・

 

初めはいいのですが数週間と待たずに着色したり割れたりするリスクが高くなります。
割れたプラスチック製の被せ物の中を見ると完全にばい菌の温床となってしまっていました。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-02-01-21-37-21

 

セラミックスではこの現象は起こりません。

 

 

ジルコニア

 

これもセラミックスの一種なのですが、この材料が今までメインで使われてきた金属に対等してきたため、臨床の幅が広がりました。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-02-04-15-53-36

 

この材料は、白い金属とも言われています。

 

近年の技術革新で扱うことができるようになりました。

 

従来のセラミックス修復ではメタルボンドが多く使われてきました。これは金属のフレームにセラミックスを焼き付けるというものです。
機能や汚れのつきにくさはやはりセラミックスですので良いです。そのため耐久性もありお口の中で3〜40年以上も機能しているなんていうものはたくさんあります。

しかし、中に金属があるため長期の使用で歯や歯茎が変色してしまいます

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-02-04-15-55-05

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-02-04-15-54-41

 

ちなみにジルコニアでは変色は起きません。

さらに光の透け感なども作り方によっては再現できるので

より審美的に歯を治すことができるようになりました。

 

お分かりになりましたでしょうか。

 


 

まとめ

 

今、セラミックスに変わる審美材料はありません。

さらに審美だけではなく機能的にも優れています。

 

これら症例のビフォーアフターが気になる方は当院でご覧ください。

 

 

 

かさま歯科クリニック

電話番号 046-240-9804
住所 〒243-0405 神奈川県海老名市国分南3-8-11-2F
営業時間 【火〜土】9:00〜13:00/14:30〜18:30
定休日 日・月・祝

TOP