虫歯治療後に亡くなられたニュースについて

かさま歯科クリニック

046-240-9804

〒243-0405 神奈川県海老名市国分南3-8-11-2F

[ 診療時間 ] 【火〜土】9:00〜13:00 / 14:30〜18:30 [ 休診日 ] 日・月・祝

色とりどりの歯ブラシ

虫歯治療後に亡くなられたニュースについて

院長ブログ,お母さまとお子さまの治療ブログ

2018/01/15 虫歯治療後に亡くなられたニュースについて

今回のニュースを受け、今回は避けて通れそうにないのでアップします。

 

虫歯治療後に女児死亡

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6268538


 

まずお亡くなりになりました患者様に対し、心よりお悔やみ申し上げます。

 

様々なコメントを拝読しました。

ご意見はごもっともだと思います。

子供を持つ同じ親としてわかります。

 

しかし憶測もはらみやや客観性にも乏しい内容もあるので今回のブログを書きました。


 

まず整理しましょう。

 

目の焦点が定まらず唇が紫になった。

意識の低下とチアノーゼが現れています。

 

症状があまりわからないので総合的な判断は困難ですが、いわゆるショック状態です。

アレルギーによるアナフィラキシーショックが有力ですが、断定ができません。

 

ここで問題となるのは、歯医者の対応です。

 

一次救命処置に加え、救急車の手配などが行われていなかった点はかなり厳しいものがあります。


 

そこで書き込みにありますが、手足が痺れて意識が遠くなって、数分後に戻った。

という書き込みが多く見られましたが、これは血管迷走神経性失神という状態かと思われますのでアナフィラーキシーショックと混同してはいけません。

これは恐怖や疲労などが引き金となる失神で、数分で回復します。

極度の緊張などで交感神経の機能が上がり、異常を感知した心臓から、機能を下げる様に副交感神経が働きかけます。そのときに気を失うほど少し効きすぎてしまった。簡単に言えばそんな状態です。

もう一度言いますが、これはアナフィラキシーショックとは違います。


 

ではどの様にすればよかったのか?

 

局所麻酔にアレルギーがあるかを調べる。

 

治療中の反応をしっかりと確認する

 

押さえつけて無理やり治療しない。

 

症状が出たら適切に対処する。


 

同じ歯医者として思うこと

 

おそらく何十年も診療され述べ何万人も治療されてきた歯医者さんだと思います。

 

私も毎日、何が起こるかわからないと考えています。

一人何か起きればそれまで積み上げてきた全ての信用は失われます。

 

医師とはその様な職業です。

 

お気持ちもわかりますが、ヤブや人殺しという言葉多さに胸が痛みます。

なぜなら当事者の先生の気持ちも察するところがあるからです。

もう一度言いますが、親の気持ちもわかります。

 

 

 

小児歯科は必要ですし、日々やりがいを感じています。

しかしこの様なことが起きる度に、歯医者の標榜から小児歯科が消えて行くのも事実です。

ですから最近、小児も診ていますか?と言うお問い合わせが多いのでしょう。

 

歯医者自身も毎日毎日、そして一人一人怖いんです。

 

先生は自信がないことを言うなと言われたこともありますが、患者さんに私は言っています。

症例を重ねる度に私は臆病になっている様に思います。

医療に絶対はありません。

ですが、ベストは尽くしているつもりです。

 

なんとも言えませんが明日も心して、歯医者としてご信頼を頂ける様に努めます。

 

かさま歯科クリニック

電話番号 046-240-9804
住所 〒243-0405 神奈川県海老名市国分南3-8-11-2F
営業時間 【火〜土】9:00〜13:00/14:30〜18:30
定休日 日・月・祝

TOP