知覚過敏について(その1症状編)

かさま歯科クリニック

046-240-9804

〒243-0405 神奈川県海老名市国分南3-8-11-2F

[ 診療時間 ] 【火〜土】9:00〜13:00 / 14:30〜18:30 [ 休診日 ] 日・月・祝

色とりどりの歯ブラシ

知覚過敏について(その1症状編)

院長ブログ

2017/12/16 知覚過敏について(その1症状編)

 

歯医者に行く理由として知覚過敏は比較的多いように思います。

 

pak_oo0i9a4376_tp_v4

 

さて、知覚過敏とは一体なんでしょうか?

 

多くは冷たい水を含むとしみたり、歯ブラシでこすると痛みが出ます。

 

みかんなどの柑橘類を食べても症状がでることがあります。

 

虫歯も冷たい水でしみるわけですが、歯医者は明確に虫歯と知覚過敏の診断を分けています。

 

細菌によってできた歯の欠損を虫歯と呼んでいます

知覚過敏は細菌性ではありません。

 

しみる場所は?

 

知覚過敏の多くは歯のほっぺた側やベロ側の付け根あたりに症状が出ます。

歯茎が下がって、歯の根っこが露出したことに伴います。

 

歯茎が下がる原因はなんでしょうか?

 

一つは歯周病です。

 

以前もお話ししましたが歯周病が進行すると歯を支えている骨が失われます。

それに伴って歯茎が下がります。

 

もう一つは強い歯ブラシなどでも歯茎は下がってしまうとも言われています。

 

歯茎の薄い部分のこすりすぎには十分注意したいものです。

歯医者で適切なブラッシングの指導を受けるようにしましょう。

 

歯茎が下がった状態で歯ぎしりなどが加わるとさらに近く過敏の症状が強くなります。

 

やはり歯ブラシは重要?

 

歯茎が下がって歯の根っこが露出して歯ブラシをしない状態で置いておくと、

歯の表面にプラーク(細菌の塊)が付着します。するといつまでもしみる症状は消えません。

きちんと磨いて歯の表面をきちんと整えておくと唾液の成分が表面に沈着して染みなくなることもあります。

 

しみる場所は歯の付け根だけではない?

 

強い歯ぎしりで歯が摩耗して、歯の咬む面がすり減ってもしみることがあります。

お酢の飲みすぎや、吐いて胃酸が口の中までよく出てくる人も、歯が溶けて知覚過敏を生じることがあります。

 

ではしみる症状に対してはどのように歯医者では対処するのでしょうか?

 

次回は実際の治療についてお話ししたいと思います。

 


 

昔、説明用に作ったものを一応載せます。

 

知覚過敏は英語でhyper sensitivityですが、

諸外国では、歯ではなく過度に敏感すぎる人に対して使用されることが多いようです。

この絵は関係のない絵ではありません。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-12-16-22-06-52

 

ご参考までに

 

%e7%9f%a5%e8%a6%9a%e9%81%8e%e6%95%8f2

 

 

かさま歯科クリニック

電話番号 046-240-9804
住所 〒243-0405 神奈川県海老名市国分南3-8-11-2F
営業時間 【火〜土】9:00〜13:00/14:30〜18:30
定休日 日・月・祝

TOP